外傷 予期しないアクシデントによる、腔内の怪我、歯の欠損などに素早く対応致します。

外傷のメインイメージの背景

外傷治療では予期しないアクシデントによる、腔内の怪我、歯の欠損などに素早く対応致します。

外傷治療概要

転んで歯をぶつけてしまった、歯が折れてしまったなどの顎顔面領域の怪我が対象です。受傷の程度(傷の大きさ、感染の有無など)により適宜大学病院への紹介なども行っています。

外傷のほかこの様なトラブルも対応致します。

外傷のオススメイメージ画像
  • 転んで歯が抜けた、欠けた
  • 唇を切ってしまた
  • ぶつけた歯がゆれる
  • ぶつけた歯が変色してしまった
  • 歯が抜け落ちた

外傷治療の詳細

歯が欠けたり折れたりした場合その受傷の程度により治療方針が変わってきます。歯が欠けて神経にまで達している場合基本的には神経をとる処置が必要になりますが、年齢、受傷後の経過時間などにより神経の感染部分のみを除去し神経を生かす事ができる場合もあります。

また歯の完全脱臼(ぶつけて抜け落ちてしまった場合)なども条件により再植できます。抜け落ちた歯は水などで洗わず歯の保存液(なければ牛乳)につけ、なるべく早く来院してください。

外傷治療の流れ

  • 治療
    外傷の場合はその日のうちに処置を開始します。

診療時間

午前 9:00~12:00 午後 15:00~19:00
土曜 17:30まで

アクセス

地図イラスト
年代別アドバイス
イベント情報
求人のご案内
お問い合わせ
3代目歯科医師が書きおろす歯科の疑問解決ブログ!