歯周病の治療 歯周病は口臭の原因だけでなく、将来歯が無くなってしまうこともあります。取り返しがつかなくなる前の治療をオススメします。

歯周病の治療のメインイメージの背景

歯周病は口臭の原因だけでなく、将来歯が無くなってしまうこともあります。取り返しがつかなくなる前に歯周病治療をオススメします。

歯周病の治療概要

歯周病は気付かないうちに歯の周りの骨を溶かしたいくためサイレントキラーと呼ばれる事もあります。また歯を失う原因の1位となっており30代以上の成人の8割が歯周病に感染していると言われています。

歯周病で一度失われた骨を完全に治癒させる事は非常に難しく、なるべく早い段階で治療を行い、歯周病の進行をストップさせできる限り歯を長持ちさせる事が重要になります。

歯周病の他こんな症状にオススメです。

歯周病の治療のオススメイメージ画像
  • 歯茎が腫れる
  • 年をとっても自分の歯で食事がしたい
  • 歯が揺れる
  • 歯茎から出血する、膿が出る
  • 痛みがある
  • 妊娠中に歯茎が腫れた

歯周病の治療の詳細

歯周病検査(歯周ポケットの深さを測る)、歯の動揺検査、レントゲン検査、CT撮影による骨の欠損状態の把握(必要な場合)等の検査から歯周病の重症度を把握し治療を進めていきます。治療法としてはミノマイシン(抗生物質)の局所応用、スケーリング・ルートプレーニング、歯周ポケット掻爬術、フラップ手術が主な治療法となります。

歯周病の治療の流れ

  • 初診(問診、検査、資料とり)
    治療計画を立案します。工程が複雑になる場合などは初日は検査、資料とりまでとし次回来院時までにドクターおよび衛生士で相談し治療計画を立案します。患者様のお悩みを治療計画に反映するため初日の問診の際はできるだけ詳しくお話しください。
  • 治療
    治療計画に沿って治療を開始します。
  • 予防処置
    治療よりも大切なのがこの予防処置になります、当院では新しい虫歯や歯周病を作らない事が何よりも大切だと考えています。治療終了後も3~6ヶ月に一度のチェック、pmtc(歯科衛生士による機械的歯面清掃)を行う事で健康な口腔状態を維持できるようサポートしていきます。

診療時間

午前 9:00~12:00 午後 15:00~19:00
土曜 17:30まで

アクセス

地図イラスト
年代別アドバイス
イベント情報
求人のご案内
お問い合わせ
3代目歯科医師が書きおろす歯科の疑問解決ブログ!