小児歯科 お子様の歯をしっかりケアしたい親御様のために、小児歯科治療も受け付けております。

小児歯科のメインイメージの背景

お子様の歯をしっかりケアしたい親御様のために、小児歯科治療も受け付けております。

小児歯科概要

虫歯の治療、フッ素塗布を始め小児歯科に関する治療全般を行います。緊急の場合を除いて虫歯の治療などはトレーニングを行った上で3才以降から始めます。

3歳前後の知能に達していない場合、トレーニング(虫歯治療の練習)と治療とが頭の中で結びついていかないため、治療の際に泣く、暴れるなどの行動が起きる可能性が高くなるからです。しかし大きな虫歯や外傷(転んで歯が折れた、唇を切ってしまった)等の場合はこのかぎりではありません。

小児歯科はこの様な方におすすめです。

小児歯科のオススメイメージ画像
  • 歯科検診で虫歯と言われた
  • 歯に痛みがある
  • グラグラの歯がある
  • 歯並びが心配
  • ころんで歯が折れた
  • 新しい歯が生えてきて痛い

小児歯科診療の詳細

フッ素塗布

染め出しを行い(3歳以上)ブラッシング指導を行います。口腔内をクリーニングした後フッ素を塗布します。当院では定期的なTBI(ブラッシング指導)とフッ素塗布を推奨しています。虫歯の有無に関わらずフッ素を塗布する事でエナメル質を強化し虫歯に対して抵抗性の強い歯質へと改善する事が出来ます。しかしフッ素を塗っていても歯磨きが出来ていなければ虫歯になります。 当院ではブラッシング指導とフッ素塗布のタイミングを合わせる事でよりフッ素の効果を高めるよう配慮しています。

トレーニング

当院では虫歯の治療をする全ての子にトレーニングをしています。トレーニングをする事で実際の治療の際医療事故を防止するだけでなく、治療時の恐怖心をなくす事が出来ます。治療の後に笑顔で帰ってもらうのが一番大切な事です。幼少期に歯科治療に対するトラウマを作らない事が最も重要だからです。

虫歯の治療

当院における小児の虫歯の治療には必ずラバーダム防湿を行います。小児の場合大人と比べ急な体動や舌を動かすなどの動きが多く、回転切削器具(削る道具)で傷つけてしまう可能性が高くなります。また小児の場合コンポジットレジンと呼ばれる材料で虫歯を治す事が多いのですが、この材料は水分がある環境では接着しないので完全な防湿をする必要があります。これらの理由から小児における歯科治療でラバーダムは必須であり、ラバーダム防湿をしない歯科治療は医療事故防止策を怠っているといっても過言ではないと考えます。

小児歯科診療の流れ

  • 初診
    検査と説明。
  • トレーニング
    トレーニング
  • 治療
    治療
  • ブラッシング指導とフッ素塗布
    ブラッシング指導とフッ素塗布。
  • 定期メンテナンス
    ブラッシング指導とフッ素塗布、年齢に合わせたアドバイスと相談。

診療時間

午前 9:00~12:00 午後 15:00~19:00
土曜 17:30まで

アクセス

地図イラスト
年代別アドバイス
イベント情報
求人のご案内
お問い合わせ
浩太先生のお口の疑問解決講座