歯のホワイトニングって何をするの?本当に白くなるの?

最近TVや海外の影響からか白い歯に対する関心が強くなっているように感じます。特に若い方を中心にご要望が増えているためホワイトニングについてまとめてみようと思います。

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、歯のマニュキュア、ラミネートベニア、オールセラミッククラウンなど歯を白くするには様々な方法があります。

この中で今回は歯そのものを漂白するホームホワイトニング、オフィスホワイトニングについてお話ししてみたいと思います。

ホワイトニングはどうして歯が白くなるの?

オフィスホワイトニングでもホームホワイトニングでも歯が白くなる原理は同じです。ホワイトニングで使われる主な薬は過酸化水素です。この過酸化水素が歯の表面にあるエナメル質に沈着した色素を細かく分解することで歯が白くなります。

またエナメル質のすぐ内側には黄色味がかった象牙質があります。エナメル質は光を透過する性質があるため、後ろの象牙質の色が透けて黄色く見える原因になります。

過酸化水素は歯の表面をすりガラス状にすることで象牙質の色を透過しづらくする作用があります。この2つの効果から過酸化水素は歯を白くすることが出来るのです。

いろいろな歯のホワイトニングの違いをチェック

歯科医院とエステサロンでやるホワイトニングの違い

まず歯科医院で行うホワイトニングとエステサロンで行うセルフホワイトニングは全くの別物です。歯科医院で用いる過酸化水素や過酸化尿素は医薬品に当たるためエステサロンで用いると違法となります。

ではエステサロンで行うセルフホワイトニングでは何を用いるのでしょうか?店によって扱う薬剤は違いますが主には重曹、ポリリン酸、メタリン酸、炭酸カルシウム、メタリン酸などが用いられます。

これらの薬剤には過酸化水素や過酸化尿素のようなエナメル質自体を漂白する効果はありません。しかし歯の表面の色素沈着(ステインなど)を除去する作用があるため色が白くなるのです。

ステインの除去などを目的とする場合はエステサロンのセルフホワイトニングでも良いのかもしれませんが、歯そのものを白くしたい場合は歯科医院でホワイトニングを行うことをお勧めします。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

オフィスホワイトニングとは歯科医院で行うホワイトニングで、過酸化水素のジェルを歯の表面に塗布し光を当てることでその効果を高めます。所要時間は1時間前後で歯の色が白くなりやすいのが特徴です。

ホームホワイトニングとはマウスピースを作成し、そのマウスピースに過酸化水素を塗布した上で装着します。オフィスホワイトニングに比べ時間がかかりますが、家で出来るというメリットもあります。

ホワイトニングをすると歯がしみるのは何故か?

過酸化水素や過酸化尿素を用いたホワイトニングでは歯がしみてしまうことがあります。それは歯の象牙質が脱水になるためだと考えられています。

歯には象牙細管という細い管が無数にあるのですがその中の水分が減ることで一時的に痛みとして症状が現れることがあります。しかしこの痛みの原因は脱水でありますので通常24時間以内に改善されます。

歯のホワイトニングにまつわる疑問に答えます

白い色はどのくらい続くの?メンテナンスは必要??

通常ホワイトニングの効果は生活習慣にもよりますがオフィスホワイトニングで6ヶ月前後、ホームホワイトニングで1ヶ月と言われています。6ヶ月毎にオフィスホワイトニングのメンテナンスをすることにより白い歯を維持することが出来ます。またホームホワイトニングの場合は月に2.3日行うことで白さを維持することができます。

通常、初回のホワイトニングは白くなりにくい傾向にあるため、光の照射時間を長くしたり、回数を増やしたり医院毎に工夫をしています。しかし2回目以降のメンテナンスでは白くなりやすいという特徴があるので光の照射時間を短くできたり、回数を減らす事ができます。

そのため2回目以降のホワイトニングメンテナンスでは初回よりも金額が安くしている歯科医院もあります。ここで注意事項ですが、エナメル質は本来ペリクルという薄い膜に覆われています。この膜があることで色素がエナメル質に染み込むことが防がれています。

しかしホワイトニング後はこの膜が失われるので色素沈着が起きやすい状態となります。ワインやミートソースなど色の濃いものは避けるようにしましょう。

ペリクルは唾液由来のタンパク質を元に作られ、通常であれば24時間で回復します。最低24時間は色素の強い食べ物は避けるようにしましょう。

歯のホワイトニング

ホワイトニング後に避けるべき食べ物は??

コーヒー、紅茶、日本茶、コーラ、ワイン、ジュース、色の濃い野菜、焼肉、焼き鳥、焼きそば、カレー、パスタ、味噌、醤油、ラーメン、からし、わさび、チョコレート、アンコ、色の濃い果物などです。

また口紅、うがい薬、色付きの歯磨き粉も避けた方が良いです。

逆に食べても問題のない食品は?

水、牛乳、ヨーグルト、白ワイン、ビール(黒ビールは×)、鶏肉、ナッツ、白身魚、大根、里芋、パン、フライドポテト、ポテトチップス(塩味)、お米、お粥、豚骨ラーメン、塩ラーメン、ホワイトソースのパスタ、貝柱、エビ、シラス、お吸い物、白味噌 など色の薄い食品です。

ホワイトニングの費用はどのくらいかかるのか?

オフィスホワイトニングで5,000円~50,000円ほど、ホームホワイトニングで15,000円~35,000円が相場のようです。全国での金額なのでかなり差がありますね。

まとめ

副院長
森井 浩太

オフィスホワイトニングを歯科医院で行う場合、ほぼ全ての歯科医院で過酸化水素(オキシドール)のジェルを歯面に塗布し光を照射するという手順になります。照射時間=白くなる割合と言ってほぼ語弊はありません。ポイントとしては金額÷時間で1分あたりの金額を計算してみると良いと思います。

激安ホワイトニングなどうたっている歯科医院でも1分あたり料金は変化がなかったりもするのです。よく調べて納得のいく病院で施術を受けましょう。

診療時間

午前 9:00~12:00 午後 15:00~19:00
土曜 17:30まで

アクセス

地図イラスト
年代別アドバイス
イベント情報
求人のご案内
お問い合わせ
浩太先生のお口の疑問解決講座