虫歯の治療 患者様の事を第一に考え、丁寧で安心していただける治療を心がけています。

虫歯の治療のメインイメージの背景

患者様の事を第一に考え、丁寧で安心していただける虫歯治療を心がけています。

虫歯治療の診療概要

虫歯はその深さや大きさにより治療方針が変わってきます。神経まで達していない虫歯に関しては虫歯の形や大きさに応じてコンポジットレジン修復やインレーやクラウンによる修復など適した物を選択します。神経に達するような深い虫歯の場合、神経の処置が必要になります。

このような虫歯の症状・不安はありませんか?

虫歯の治療のオススメイメージ画像
  • 歯医者に行くたびに新しい虫歯が出来て削られる
  • 最近歯医者に行っていないので不安
  • 冷たい物を飲むとしみる
  • 酸っぱい食べ物を食べるとしみる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まる
  • 見た目が黒い気がする
  • 以前痛みがあったが今はいたくない
  • 暖かい物がしみる
  • ズキズキ痛む
  • かむと痛い

虫歯治療の詳細

浅い虫歯

コンポジットレジン修復:コンポジットレジンと呼ばれる白い材料を虫歯を除去した穴に直接つめていき、光を用いて硬化させます。以前では銀歯になっていたはずの虫歯もコンポジットレジン(白い材料)の接着性能があがったため一日で治療を終える事ができるケースが増えました。

大きい虫歯(神経に達していない場合)

神経まで達しない虫歯でもその範囲や防湿が可能かどうか(コンポジットレジンは濡れている面に接着させる事は出来ません。)等の条件によりインレー修復となります。インレーは金属による修復ですが希望によりセラミックインレーを選択する事が出来ます。大きい虫歯(神経に達している場合)

大きい虫歯(神経に達している場合)

虫歯が大きく神経まで達している場合は根幹治療が必要になります。根幹治療とは歯の神経が入っている管(根管)の中の細菌を可及的に減らし疾患として成り立たないレベルまで奇麗になった状態で代わりの材料で根管を埋めていきます。

神経の処置をした歯は元の歯に比べて歯質の量が減っているため強度が低下しています。そのため最終的にはクラウンと呼ばれる金属で出来た被せ物で歯を覆う処置が必要になります。希望によりメタルボンドやオールセラミッククラウンといった白い材料を用いて修復する事も可能です。

虫歯治療の流れ

  • 初診(問診、検査、資料とり)
    治療計画を立案します。工程が複雑になる場合などは初日は検査、資料とりまでとし次回来院時までにドクターおよび衛生士で相談し治療計画を立案します。患者様のお悩みを治療計画に反映するため初日の問診の際はできるだけ詳しくお話しください。
  • 治療
    治療計画に沿って治療を開始します。
  • 予防処置
    治療よりも大切なのがこの予防処置になります、当院では新しい虫歯や歯周病を作らない事が何よりも大切だと考えています。治療終了後も3〜6ヶ月に一度のチェック、pmtcを行う事で健康な口腔状態を維持できるようサポートしていきます。

診療時間

午前 9:00~12:00 午後 15:00~19:00
土曜 17:30まで

アクセス

地図イラスト
年代別アドバイス
イベント情報
求人のご案内
お問い合わせ
3代目歯科医師が書きおろす歯科の疑問解決ブログ!