口腔トラブル予防!入れ歯のお手入れ方法を知ろう

突然ですが、皆さんは入れ歯のお手入れをしっかり行っていますか?

入れ歯のお手入れは、毎日の食事を美味しくいただくためだけでなく、長く健康に生活するためにもとても大切です。

入れ歯のお手入れを怠ると、口臭や歯周病、さらには誤嚥性肺炎の原因につながります。正しく入れ歯を使用し、清潔に保つことが健康寿命にも関係するのです。

今回は、正しい入れ歯のお手入れ方法から、よくある入れ歯のお手入れに関するトラブルと解決策までご紹介していきます。さっそくみていきましょう。

入れ歯のお手入れが不十分だとトラブルが起こりやすい

まず最初に、入れ歯を正しく清潔に保たないと、口腔内トラブルが起きやすくなるということを覚えておきましょう。

入れ歯はカビ菌が増えやすい

入れ歯の場合、天然歯に比べて真菌類(カビ菌)が増えやすいと言われています。入れ歯に付着するネバネバとした物質をデンチャープラークと言います。

この粘着質なデンチャープラーク内に、カビ菌が多く含まれており、お手入れを怠ると菌が増殖して炎症を起こす原因となります。

入れ歯の形態が複雑なほど、このデンチャープラークが入れ歯に付着したままになりやすいので要注意です。清

掃がしっかりとされていない入れ歯を使い続けると、入れ歯の下の歯周組織が菌に感染して歯周病を起こしたり、入れ歯がしっかりとフィットしなくなり痛みの原因となります。

さらには汚れを吸い込んでしまうと誤嚥性肺炎につながるリスクも増します。
入れ歯のお手入れ

入れ歯のお手入れ方法とポイント

口腔内・全身トラブルの防止のためにも、入れ歯を正しく洗浄して清潔に保つことが大切です。

毎食後に入れ歯専用のブラシで磨くようにしましょう。まずは入れ歯をお口から外し、水道水のお水で入れ歯全体を流します。

その後、入れ歯専用のブラシで入れ歯全体をお水で流しながら磨きます。この際、力を入れすぎると入れ歯を傷つける原因となるので注意しましょう。

まずは全体の大まかな汚れをお水で洗い流し、ブラシを使用しながら細かな汚れを落としていくイメージで洗浄しましょう。

ブラシによるお手入れが終わったら、入れ歯洗浄剤を使用し最後の仕上げをして完了です。

入れ歯のお手入れに歯磨き粉は使用しないこと

入れ歯のお手入れで注意したいポイントのひとつに、歯磨きの際に用いる歯磨き粉は使用しないことが挙げられます。

歯磨き粉には、「研磨剤」と呼ばれる歯の表面を滑らかにする物質がよく含まれています。歯磨き粉を使って入れ歯を洗うと、この研磨剤が入れ歯の表面を傷つける原因となるのです。

入れ歯の表面に傷がつくと、最近が傷の中に繁殖しやすくなります。入れ歯のお手入れには歯磨き粉は使用しないようにしましょう。
入れ歯とよくあるトラブル

入れ歯のトラブルと解決策

続いては、入れ歯のお手入れについてよくあるトラブルと解決策をみていきましょう。

トラブル1:入れ歯にしてから口臭が増した

入れ歯の洗浄が上手くいっていないと、口臭が強くなる場合があります。

また、部分れ歯を使用している場合、入れ歯と天然歯が複雑な構造となっているので、より丁寧な歯のブラッシングと入れ歯のお手入れが必要となります。

入れ歯のトラブルを回避するためには、歯医者さんの検診にしっかりと通うことが大切です。

口腔内の状態や顎の位置は時間が経過するにつれて変化します。

その時のお口の中の状態を歯医者さんでチェックしてもらい、必要に応じてクリーニングや歯科治療、ブラッシング指導を受けることで口臭を軽減・予防することができます。

トラブル2:入れ歯に歯石がついた

天然歯と同様に、ケアを怠ると入れ歯にも歯石が付着してしまいます。特に入れ歯に付着して溜まった歯石は、歯科医院で研磨作業を行わないと除去できないことが少なくありません。

歯石の付いた入れ歯を使い続けることは、口腔内の衛生上良くありません。

入れ歯に歯石が付着していると感じた場合は、そのまま入れ歯を使い続けずに歯医者さんで歯石を除去してもらいましょう。

また、入れ歯に歯石が付かないように入れ歯の正しいお手入れを習得し、清潔に入れ歯を保つようにしましょう。

トラブル3:入れ歯で食事が食べにくい・噛みにくい

入れ歯が合わない状態のまま使用していると、食べ物をしっかり噛むことができず胃に負担をかけてしまいます。

また、食べ物を無理に飲み込むと、食べ物が肺に流れることによって肺内に細菌が繁殖する「誤嚥性肺炎」の原因となります。

誤嚥性肺炎は、高齢者の肺炎原因の約7割にも上る言われており、ご自身に合った入れ歯を使用する・入れ歯の洗浄をしっかりと行うことが、誤嚥性肺炎の予防につながります。

入れ歯で食事が食べにくい・噛みにくいと感じたら、入れ歯の調整・チェックに歯医者さんに行くようにしましょう。
入れ歯のお手入れのポイント

まとめ

副院長
森井 浩太

正しく入れ歯を洗浄し、清潔な入れ歯を使用することは全身の健康にも非常に重要です。

お手入れ方法を間違えて入れ歯を傷つけてしまうと、返って入れ歯に菌が増殖しやすくなってしまうので注意しましょう。

また、合わない入れ歯を無理に使いつづけたり、清潔でない入れ歯の使用は誤嚥性肺炎の原因となります。

入れ歯を正しく清潔に使用し、長く健康に・そして美味しくお食事を召し上がれるように患者さんご自身とそのご家族が点検するように努めてください。

診療時間

午前 9:00~12:00 午後 15:00~19:00
土曜 17:30まで

アクセス

地図イラスト
年代別アドバイス
イベント情報
求人のご案内
お問い合わせ
浩太先生のお口の疑問解決講座